ゲーム雑記帳

ポケモンの構築などゲームのメモ置き場

オプーナ プレイ記録9 パルチザン集め~エンディングまで

パルチザンはトモダチ度が高いトモダチがなってくれるので、各ドームの探索、ライセンス取得に奔走。結構いろいろ回ったので時間がかかった。スルーしてたイベントも多数あったので、クリア前にいろいろと回って欲しいという意味もあるのかもしれない。

最終的にパルチザンとして選んだ7人は

・ムソルタス

・メンデル

・テッド

・ジョイ

・カシラ

・ミミィ

・マサオ

になった。

ムソルタスとメンデルはストーリーを進めていれば自動的にトモダチ度が上がるので、すぐ決まった。

ミミィはアイドルのライセンスに全然触れていなかったので良い機会になった。

マサオは唯一ランドロール人ではないニコニコ星人。意外と異星人も何人かいて、ニコニコ星人は結構見た目がかわいい。

 

そして、ラストダンジョン?の闇の巣へ。ここに行くためにはシャチルカ海岸でシャチルカに乗せてもらわないといけなかったので、シーマスターのライセンスも取得。この過程でポップ会長のトモダチ度もパルチザンになれるまで上がったが、すでに7人いたのでスルー。

 

闇の巣を進んでいくと途中でエナジーコクーンとパルチザンのトモダチがいる。トモダチがコクーンに入るとダークローグが現れ戦闘。これを7人分繰り返す。途中にテントで回復もできるのでそれほど苦戦はしない。

エナジーコクーンに入った人は、エネルギーが吸われるらしく苦しそうにしているので、早くボスを倒すぞという気持ちになる。

 

ラスボス戦

2連戦で2回目はFP不足と倒し方がわからず負けてしまった。

再挑戦すると2戦目からなので割と楽に勝てた。

ラスボスに勝つと。エンディング。

エンディングは結構あっさりしてる。

 

感想

いわゆる大作RPGのような派手さ(ムービーとか)はないが、普通い良いRPGだと思った。

世界観がしっかり作られているので、ライセンスなどの寄り道要素が生きてくるので本筋以外の面でもなかなか楽しめる。

 

不満点としては主に移動関連。

ロードが少ないのは良い。しかし他に移動面でストレス要素有。

・マップが見づらい、GPSというマップ画面があるが、現在いる階層しか見れないので全体を把握しにくい。カメラワークも使いづらいのでとにかく迷いやすい。マップを覚えるしかない。画面端にミニマップがあればよかったかも。

・移動アイテムの使いにくさ

ハイドミストという一定時間敵エンカウントをなくすアイテムがあるのだが、20秒と短い。効果が切れるとテキストが表示されるが、連続で使うという選択肢がない。そのため連続して使うにはアイテム欄を開き選びなおさなければならない。アイテム欄の並び替えもできないので積み重なると結構な手間になる。

もう一つの移動アイテムでムーブパックというワープアイテムがあるのだが、広い場所や外でしか使えないという謎の制限(しかも条件がわかりづらい)があるので、結局ワープアイテムを使うために、他の場所に移動しなければならないという羽目になる。

 

若干遊び辛い点もあるが、総評としては良作だと思う。

ネットでは「オプーナを買う権利」ネタなどのAAが有名だが、実際に遊んだ人は意外と少ないのではないかと思う。でも興味がある人はいるんじゃないかな。

今だと遊べるハードが、wiiwiiUと旧世代のハードなので、スイッチなどで配信されて遊びやすくなればなーと思う。といってもwiiは中古でかなり安く手に入るのでソフトの入手のほうが難しいかも。