ゲームオタクのメモ帳

ポケモンの構築などゲームのメモ置き場

エンドネシアプレイ日記

突然ですが以前から積みゲーにしていたPS2の「エンドネシア」というゲームをプレイしていこうと思います。一応途中まではやっていてセーブデータもあったんですが何年も前であんまり覚えてないので最初から始めました。

こんなマイナーゲーの日記書いても需要も読む人もほとんどいないと思いますがこんなのは自己満足なのでいいんです。

f:id:sp2016pok:20170517221912j:image

トーリー

主人公は小学生。夕暮れ時に公園のブランコでリコーダーを吹いているといつのまにか周りの景色が変わってみたこともない場所、エンドネシアに来てしまった。

ここには50人の神様がおり石像の閉じ込められて?いる。その神様たちを解放して欲しいと大神様に頼まれるところから物語が始まる。

ゲームの内容

エンドネシアにいる人々や動物などと関わり、そこで起こるイベントをクリアすることで神様を解放することができる。

エンドネシアには原住民や動植物の他、主人公と同じ外部から来た渡来人が住んでいる。渡来人は来た場所や時代もばらばら。

ゲーム内で時間の要素があり時間によって起こるイベントが変わったりします。時間は24時間で10日間、10日がすぎると時間が1日目に戻る。縛りとしては定期的に眠ったり食べたりしないと体力ゲージ的なものが減っていくのでそれも考えながら行動しなければなりません。

 f:id:sp2016pok:20170517221929j:image

 

このゲームはいわゆるラブデリック系のゲームで、初代プレステのmoonのような感じのゲームです。

グラフィックは粘土っぽい感じでかなりmoonに近いテイストです。

とりあえずスプラトゥーン2発売までのクリアを目標にちまちまやっていこうと思います。

 

5/28 少しストーリーが進み内容の把握も進んだのでゲームの内容について少し書き直しました。