ゲーム雑記帳

ポケモンの構築などゲームのメモ置き場

ギアパワーまとめ

ギアパワーについて

 

今作はスロットや注文だけでなく、ギアのかけらを集めることで任意のギアをつけたり、ドリンクで希望のギアとつけやすくなったりとギアのカスタマイズのしやすさが向上しました。

また、イカリング2での注文やクマサン商会の装備でメインギアパワーが違った装備も入手できるため、実用性とファッション性の両立も可能になったのも嬉しい。

 

・任意のギアパワーを付ける

 ギアパワーのかけらを集めることでスパイキーから好きなギアパワーを付けてもらうことができる。

かけらの入手方法はサーモンラン報酬とギアのクリーニング。クリーニングは通常おカネ2万が必要だが、フェスTのみ2000で可能。

 

必要なかけら

ギアパワーを1個つけるのにかけらが10個必要。同じギアパワーをつけたい場合は2個目が20個、3個目が30個と必要なかけらの数が増える。

例えば スロット1イカ速 スロット2スペ増 スロット3 空き

上記でスロット3にイカ速またはスペ増を付けたい場合は20個、その他のギアパワーの場合は10個となる。

また空きスロット以外にもつけることができるので

スロット1 スペ増 2イカ速 3スペ増

上記でスペ増でそろえたい場合はスペ増のかけら30個でイカ速の場所にスペ増を付けることができる。

 

ギアパワーをそろえてると組みやすくなるし見た目も良いのですが、かけらの必要量が多くなるので、「同じギアパワーが2個付くまでクリーニングを繰り返してから3つ目をかけら30個で付ける」とか、「スペシャル性能UP+スペシャル増加UP等シナジーのあるもので組み合わせる」などしてかけら消費量を抑えるのも手かと思います。

 

・ドリンクメニュー

ロブのお店で食事をする際Xボタンでドリンクメニューが出る。ドリンクを飲むと一定の試合数特定のギアパワーがつきやすくなる。ブランド効果と重複するかはわかりません。

チケットはサーモンラン報酬で入手可能。

 

 

・ブランドと付きやすいギアパワー(個人メモ)

アロメ・・・インク回復量アップ

アナアキ・・・マーキング時間短縮

タタキケンサキ・・・マーキング時間短縮

アイロニック・・・スパジャン短縮

エンペリー・・・サブ性能アップ

クラーゲス・・・イカ速UP

ロッケンベルグ・・・ヒト速UP

ジモン・・・メイン効率UP

ホッコリー・・・サブ効率UP

ヤコ・・・スペ増

エゾッコ・・・スペ減

フォーリマ・・・スペシャル性能UP

シグレニ・・・爆風ダメージ軽減

トロイカ・・・インク影響軽減(安全靴)

 

 

スプラトゥーン2 感想とか

スプラトゥーン2が7月21日についに発売し、一通り遊んだので思ったことを書いてみます。

 

・ヒーローモード

基本的には1準拠、ボス戦が楽しい。操作に慣れる良い練習になると思います。特に前作は基本シューターしか使えなかったのが、ステージによってブキが指定されるので全てのブキの練習になるのもグッド。未解禁のシェルターも使える。

 

・サーモンラン

新要素。

慣れてくると作業ゲーになるんじゃないのと思ってましたが、ブキが4種類からランダムで支給される。絶妙な難易度。特殊な敵が出るパターン等もある。など飽きさせない工夫があります。

オンラインで遊ぶ場合は募集される時間帯や日にちが決まっており、過疎りにくくしているのもうまいなぁと思います。オカネやアイテムなどのごぼうびもあるのもうれしい。

基本的に3ステージまでと短時間で気軽にできるのもいいですね。似たようなのゲームで数時間かかるようなものもあるので。 

 

・レギュラーマッチ ガチマッチ

 ナワバリについては大体前作同様なので主にガチマッチについて。

 変更点

ガチマッチのルール

エリア、ヤグラ、ホコ3種のルールで個別にウデマエが設定されるようになりました。

得意なルールしかやらない、といったことがなくなり遊びやすくなったと思います。

 

ウデマエゲージの仕様の変更

 前作は少しずつメーターが上下してたのが変わりました。負けてもメーターが減少せず、何度か負けるとヒビが入り4つヒビができるとウデマエダウンするという感じ。連勝すると飛び級もあるみたいです。

とりあえず全ルールS+まで来ましたが、大体勝率50~60%だったので1より上がりやすくなっていると思います。ここからさらにS+1~50まであるみたいです。

飛び級もあるみたいですが50までと思うと途方もない感じがします^^;

 

ガチパワー

ウデマエだけでなく裏のレートとしてフェスパワーのような感じで数値でガチパワーが設定されている模様。同じウデマエでも近いガチパワー同士でマッチングするらしく、前作はS+という天井があったため同じウデマエでもかなりの実力差があったのが改善されるのかな?と思います。

 

味方が落ちた場合のウデマエ減少がなくなった

これが一番の改善。一定時間人数が少ない場合ペナルティがなくなるみたいです。前作の一番の理不尽要素だったのでやっと改善されたかという感じですがよかったです。

 しかし、一定時間経過しないと反映されないので終了直前で落ちて逆転負けとかだと普通にヒビ入るのでこれも修正してほしいですね・・・。

 

・ブキについて

現状機動力と攻撃性能の高いシューターとバケツが強くてガチマッチはこの2種が多い。また強力なスペシャルのインクアーマーに弱いローラーとチャージャーが辛い環境。8月中にメインの調整が入るみたいです。

 

シューター

他のブキに比べるとそれほど弱体化がなく使いやすい。

 

ブラスター

ジャンプ中かなり弾がブレるようになったため直撃が狙いにくくなった。歩き撃ちメインでヒッセンスプシュ等に強めなラピブラは強ブキとされてますね。

 

ローラー

ジャンプ中は縦振り、地上は横振りになった。コロコロが一定時間で速くなる。

縦振りが遅い、威力減衰が大きく曲射が弱い、横振り確定範囲が狭い、インクアーマーに弱いなど現状不遇気味か。振りの切り替え自体は面白いのでもうすこしメイン性能を上げてもよいかなと。

 

フデ

ジャンプ振りも今まで通り。ホクサイはサブSPとの相性も良く強いと思います。

 

チャージャー

チャージキープができるようになったがチャージ中光って目立つようになった。

スコープはチャージキープができないのでスコープ有り無しの差別化がはっきりしたのは良いと思います。

攻撃ギアがないためフルチャージでしか敵を倒せないのが弱体化。

段差や凹凸が多いステージが多く距離を詰められやすいのも向かい風。

 

スロッシャー

段差や凹凸が多いステージが多いのでブキの性質が生きやすい。特にヒッセンが最強格になってますね。

 

スピナー

射撃中にヒト速がほとんど乗らなくなって弱体化。チャージャーと同じく距離が詰められやすくなった。

 

マニューバー

新ブキ。

射撃中のジャンプ撃ちもできずスライドをうまく使いこなさないと劣化シューターになりがちなので扱いが難しい。スライドしてもやられたり、スライド射撃は正確に狙わないといけないのが難しい、私はよく水ポチャしました。ホコは割りやすいかな。

デュアルスイーパーがマニューバーになったのは面白いと思いました。

スパッタリーとデュアルは強みがあるのですが基本スプラシューターの劣化のスプラマニューバーが一番難しい感じがします。

 

スペシャルはインクアーマー、ジェットパック(チャージャーが少ないので)、ボムラッシュ、あたりが特に強く、プレッサーとイカスフィアはちょっと弱いかな~と思います。

 

新サブはロボットボムがかなり強いですね。ロックオンされると逃げるしかないのと、爆発までの間隔がかなり長いので思わぬところで爆発します。投げた事は音とエフェクトでバレるものの、ボム自体が小さくて目立ちにくいのもなかなか厄介。

 

 

ゼルダBotW エキスパンションパス1弾 剣の試練攻略

剣の試練、とりあえず極位までクリアしたので感想と攻略ポイントのメモです。

階層に分かれていて、敵を全て倒すと次に進めるというもの。

序位、中位、極位の3段階に分かれている。場所はコログの森のマスターソードの台座。クリア報酬はマスターソードの強化。

f:id:sp2016pok:20170703010139j:plain

ワープ後は武器無し素っ裸で投げ出されます。スカイウォードソードのサイレンっぽさもある。

 

私がイメージしていたのは、アクションゲームのボスラッシュのような各部屋の敵を全滅させていくといったものでした、実際そうなんですが単純に敵を倒すのとは違う面白さがあります。

・部屋が広い

 最初から敵と対峙しているわけではなく、隠密行動で不意をついて1体ずつ倒していったり、仕掛けや地形をうまく使ったりと色々な攻略方法があります。

・アイテムは現地調達

 基本的に武器は木の枝から始まり、落ちているものや敵から奪ったりして、武器を増やしていきます。本編と同じようにすぐ壊れてしまうので使いどころを考えていく必要があります。回復アイテムもすぐ使いたいから生で食べる、とっておいて後で料理する、料理の方法など色々工夫できる余地があります。

 

攻略方法も人それぞれで、アクションのテクニック以上に知恵と工夫が重要なあたりゼルダらしさがあると思います。

 

攻略ポイント

では簡単な攻略方法、アドバイスのようなものを

【準備】

まず、試練に入る前のステータスが引き継がれるので、体力は回復しておく必要があります。さらに、料理の効果も継続されるので、最大値を増やすことと、能力アップの効果をつけるとかなり楽になります。私は極位になってから気付きました^^;

オススメ料理

・マックス系素材の料理

 ハートの最大値(黄色ハート)を増やしておきましょう。

・防御アップ

 防具が貧弱なのであると便利です。魔物エキスと混ぜて、三段階アップ+30分持続にすると万全でしょう。

【ヨロイダケ+魔物エキス】で作れます。持続時間はランダムなので何度か作る必要があるかもしれません。ヨロイダケはコログの森かゲルドの街で買えます。

 

【序位】

序位だしそんなに難しくないでしょ~と舐めていると普通にやられます。でも、防御アップ料理を食べていけばかなり楽になると思います。

 基本防具がないのと、回復アイテムが少ないので如何にダメージを受けないかが重要です。

 リモコンバクダンやピタロックなども使えるのでプルアに強化して貰いましょう。

特にこの2つは序位だとかなり強いのでメイン武器としていけます。

 どの難易度にも言えますが複数体1だと不意の攻撃を受けやすいのでなるべく1体1で倒していくように気を付けることも重要です。

 あと重要なのは途中で休憩ポイントがあり、そこに妖精がいるので逃げられないようにしゃがみ歩きで近づいて捕まえましょう、逃げられるととても悲しい。あれば精神的にも楽になります。

 

【中位】

下から常に上昇気流が出ている部屋、暗闇部屋など特殊な部屋が多いです。

基本的に気を付けることは序位と同じでいいでしょう。

 

【極位】

序位、中位もなかなかの手応えなのでさぞ難しいのだろうと思って挑みましたが、3階以降は初見でクリアできたので、難易度自体は序位、中位とそれほど変わらないかもしれません。ただし長期戦になります。

私が苦戦したのは2階のエレキースで、電撃の範囲が広いので予想外のダメージを受けてしまいました。武器の投擲で簡単に処理できるので1階で拾える骨を投げつけましょうw

全体的に気を付けることを挙げると

・属性武器を大切に使う。なるべく弱点の敵に使うようにしましょう。

・妖精を必ず捕まえる。

・料理でマックス系の素材は1個ずつ料理する。

・耐寒料理を作る。

・なるべく複数敵に見つからないように初動に気を付ける。

 ・ガーディアンやライネルなど盾弾きが使える敵が結構出ます。が、ミスったときのリスクがでかいのでクリアを目的とするならなるべく使わないプレイングをしたほうがいいでしょう。自信があればいいですが・・・w

以上に気を付ければ行けると思います。

 

マスターモードについて

現在プレイ中のデータの難易度を変えるというものではなくて、マスターモードのデータ作成し最初から始めることになります。

まだほんのさわりしかやってないですが、いわゆるハードモードですよね。

気が向いたらラスボスのガノンまではやってみようかと思います。

マスターモードの剣の試練の内容も変わるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

ゼルダBotW エキスパンションパス1弾 足跡モード 装備

ゼルダBotWのDLC第1弾が6/30に配信されました。

私も早速やってみました。

内容は

・足跡モードの追加

・新しい装備アイテムの登場(ムジュラの仮面など)

・ワープマーカー

・剣の試練

・マスターモード

抜けてたらすいません。

 

まず、足跡モード。これはなかなか便利で、自分がどんな感じで移動していたかわかるので面白いです。

私の場合こんな感じでした。歩いていないところが結構あります。あと主に馬移動だと思いますがちゃんと街道を歩いてるもんだなと思いましたw

f:id:sp2016pok:20170702233901j:plain

 

余談ですがこれのおかげで、なかなか見つからなかった八人目の英雄像を見つけることができました。ついでに場所も置いときます。

f:id:sp2016pok:20170703004756j:plain

f:id:sp2016pok:20170703004827j:plain

 

ワープマーカー

地図の右端のところにあるローメイ島の地下にあります。

1か所だけ自由にワープポイントを設置できるというやつで、再設置可能。

祠や塔をクリアしていけばワープポイントにはあまり困らないのですが、基本的にどこにでも設置できるので、攻略途中でちょっと物資を調達したい場合、よく行く場所、お気に入りのポイントに置くなど使い方は色々ありそうです。

 

追加装備

各地の宝箱に入っています。ヒントを見ればすぐに見つかると思います。

宝箱は埋まっているものが多いのでマグネキャッチを使いながら探すといいです。

ちょっとわかりづらいかな?と思ったとこだけ書いときます。

ムジュラの仮面

 

f:id:sp2016pok:20170703004933j:plain

原作再現っぽく...

f:id:sp2016pok:20170703005443j:plain

 

ミドナの冠

f:id:sp2016pok:20170703005158j:plain

f:id:sp2016pok:20170703005218j:plain

範囲が広いのと宝箱が多い

 

コログのお面

f:id:sp2016pok:20170703010224j:plain

 

f:id:sp2016pok:20170703005626j:plain

 マグネキャッチかビタロックを発動させると見つけやすいです。

画像だけだとわかりづらいと思いますが、手前の迷いの森に必ずあるので探してみてください。コログの森の奥ではないので注意です。ちなみに迷いの森の抜け方は松明の火の粉の飛ぶ方向に進むというのが正攻法なんですって。

 

とりあえず追加装備で1番便利なのはコログのお面ですねー。

お面をつけた状態で近くにコログが隠れていると、お面が揺れる、カラカラという音とお面の声?が聞こえる、風車が回る、木の葉のエフェクトが出るといった反応が起こります。

有効範囲も狭すぎず広すぎずといった感じで、お面が反応したところを探すと大体見つけることができると思います。

見つけやすさが段違いになるので移動中は常に装備しちゃってます。

 

ムジュラの仮面は魔物の被り物の複合効果らしい?です。

他は古代耐性(ミドナ)、攻撃UP(ファントム)、夜移動UP(チンクル)と既存装備と効果が同じで見た目重視といった感じでしょうか。色変更はできないっぽいです。

 

剣の試練については後半で。

E3 2017

E3 2017の感想

任天堂メインで

 

ソニー

PS4独占でモンハンワールドが発売。

ついにモンハンがPS2時代から進化したという感じですね。しかしここまで来るのが遅すぎると言いたい。まあ初代GとXしかやってないんですけど。

普通に面白そうなのでやりたいです。その前にPS4買わないと・・・PS4でも結構やりたいソフトあるんですよね。

 

MS

Xbox one のハイスペック版スコーピオ?がXbox one X で決まったみたいですね。Xが3つもついてて強そう。詳しいスペックは置いといて、なんと初代箱と箱〇の互換があるそうな。

個人的には最新機に互換は別になくてもいいと思う派なんですが初代箱だけは別です。

私は「ジェットセットラジオフューチャー(JSRF)」というゲームが全てのゲームの中でで一番好きと言えるくらい好きなんですが、これが初代XBOXでしかできないんですよね。一応360でもソフトによっては初代箱の互換があり、JSRFも対応しているのですが、場所によって処理落ちがあります。他にも画面が映らないなど中途半端な互換もあるようです。

箱1Xの互換がどうなるかはまだ詳細はわかりませんが、アピールするくらいなので360よりはちゃんとやってくれるのではないかと期待しています。しかし箱1X自体が日本での発売未定という^^;

 

 

 

任天堂

今回初出のタイトルはポケモン新作、メトロイドカービィヨッシーあたりだったかな?個人的に気になるタイトルのみ挙げます。

 

メトロイド

とにかくメトロイドプライム4が出るのがうれしいです。1~3が傑作だったのでグラ向上したのがやりたいとずっと思ってたんですよね。ただストーリー的には3で完結しているのでどうなるのか気になります。続編ではあるもののゼルダのような変化もあるといいな~と思います。まあまだタイトルロゴが出ただけでゲーム画面も見てないのでなんとも言えませんが続報を期待。

あとはGBのメトロイド2のリメイク。私はリメイクより新作やりたい派なんですがさすがにGBからのリメイクなので別物と言ってもよさそうな感じですね、アクションが多彩で面白そうです。

 

ポケモン

こっちもタイトルのみですがゲーフリ開発ということで8世代の可能性が濃厚な気がします。

ついに据え置きでポケモンが発売するのか!?話は逸れますがポケモンがスイッチで出るかも?ということは3DSの後継機はなく当分はスイッチ1本で行くんでしょうかね。

本題に戻ると、ハードのスペックも大幅に上昇するので「ポケモンの常識を見直す」ような進化を期待したいところです。なんでもオープンワールドすれば良いってもんじゃないですけどポケモンがそうなったら新鮮で面白いだろうな~と思います。バトルはターン制でも棒立ちではなく動かしながらでバトル感出るとかだったらいいなとか妄想が膨らみます。

 

カービィ

安定のいつもの。コピーミックスっぽいのがありますね。

 

ヨッシー

ウールワールド系の雰囲気の2Dヨッシーでギミックが面白そう。

 

新情報がマリオ、FE無双、スプラ2、ゼノブレ2、ゼルダDLC

 

マリオ

これは間違いなく面白そうと感じました。最近の2.5Dマリオにはあまり惹かれなかったのですが、箱庭復活でうれしいですね。新アクションの憑依?も面白そうですし、ステージも多彩でかなり広そうです。サンシャインのようなスピード感があればなお良し。

 

FE無双、登場キャラが基本初代、覚醒、ifのみっぽいですね、せっかくのお祭りゲーなんだからもっといろんな作品から出して欲しかった。まあ主役級キャラ出しすぎてもストーリー的にも収拾つかなくなるというのもあるのかもしれませんがちょっとさびしい。他作品出るとしたら隠しキャラかDLCですかね。なんかDLC無双になる予感がします^^; 結構期待してたんですが、これはちょっと様子見かな。

 

スプラ2

サーモンランのゲーム画面が出ましたね(E3で出たんだっけ?)

協力プレイで敵キャラを倒すという感じ。対人戦メインのゲームでNPCと戦ってもなあとは思うんですが、対人戦が苦手な人でも楽しめそうですし高難易度はやりごたえありそう。遊びの幅が増えることは良いことです。まあ一番期待するのは戦わないで馴れ合いしているような輩がここで隔離されることですがね^^;

 

ゼノブレ2

PV見ただけだとなんとももうちょいゲーム画面みして^^;

 

ゼルダ

DLC第3弾は英傑関連の追加ストーリーみたいですね、これがDLCのメインになるのかな。

 

 

一言

結構やりたいソフトがあります、時間が足りん!

 

 

 

 

エンドネシア プレイ日記 8 終

エンディングまでいきました。

最後の神様は大神様かと思っていたらなんとモノマネの神様マネモネが大神様のモノマネをしていた姿でした。しかも実際大神様見たことないらしい。

 

石像を抜けると原住民の村に降りる道があり、降りていくとエンディング。

エンディングは2種類。

 

以下、一応ネタバレ注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは1つ目のエンディング。村に降りていくと、住民達に迎えられる。族長にまあそこで座ってちょうだいと言われ話を聞くことに。

エンドネシアは人間のもろい心をすく集めてできた砂の城のような非常に崩れやすいものでご神体があることで安定していた。しかし、主人公が壊してしまったことで島がとても不安定な状態になっている。ご神体を壊すと元の世界に戻れるというのはあながち間違いではない。なぜなら島ごと消えてしまうから。島が消えると人々は元の世界に放りだされるが、ここで生まれた人間(ギルルと村にいる赤ん坊)はどうなるかわからない。

しかし、強いエモを持った主人公がギルルと結婚し村に残り、一緒にご神体を作り直してくれたら大丈夫。ということだった。

そのあと村の人とも会話することができ、再び族長のもとに戻ると残ってくれるかどうか聞かれる。OKしないと話が進まないのでOKすると結婚式の準備が始まりエンドロールに。

エンドロールのあと、100年後の様子。

主人公とギルルはすっかり年老いておりなにやら会話をしている。

ギルルがこの島に残ったことを後悔していないか尋ねると、主人公はタノシイ?のエモで答える。その後寿命が来たのか倒れる。

主人公は元の世界には戻れなかったもののそれなりに幸せにエンドネシアで生涯を終え、バッドエンドでもない一つのエンディングといった感じでした。

ちなみにヤグラのおじさんは村にいなかった。ただ単にヤグラで見張り役をしているのか、村の人たちを「彼ら」と呼んでいたので少し距離を置いている感じなのかはわからない。

 

 もう一つのエンドィング。こちらが真エンド。

 

道を降りたあと、村には入らずに迂回して裏道を抜けると最後のご神体とギルルがいる。そこでギルルの話を聞くとこのご神体には「オーカミサマ」というこの島をあとかたもなく消してしまう悪者が封じられていると教わっているようだ。

主人公がギルルと結婚してエンドネシアンになればご神体は守られる。でも主人公にも私と同じように家族がいて思い出があるんだよね・・・と話したところで主人公が元の世界の人たちのことを思い出し倒れる。同時にご神体も壊れ、画面越しに様子を見ているような視点になる。ギルルこちらを向き、「初めましてオーカミさま、悪者と聞いていたけどウソですね、だって主人公と同じ目をしているから、主人公くん、元気でね」と言いお祈りをしてエンディングへ。

1つめのエンディングは黒い拝啓に文字が流れるだったが、真エンドだと元の世界に戻った渡来人たちの様子が映される。ここでフルネームも表示される。戻った直後の様子や、年をとり何年か経ったあとの様子の人も。とりあえず、ジェシー、モレイラ、サーヤは同じ時代の人とわかる描写がある。またバーのマスターの猿は元の実験室?に戻り研究チームに薬をくれる赤ちゃんもいたのでこの二人も同じ時代。ジェシーがモレイラが乗っている車と並走(!?)して追いかけている様子からエンドネシアでの記憶も残っている模様。エンドネシアでの生活を経てそれぞれ変わった部分もあるようだ。原住民たちやエンドネシアのその後はわからない。

エンドロールのあと主人公が公園に座っている最初の画面に戻り、母と姉が迎えに来たとことについていって終わり。

ちなみになんとなくわかってましたがハセガワとは浜辺にいたおじさんで長谷川孝則という名前でした。ジェシーは別の名前がでていたので偽名だった?

あとは島にいた人間以外の動物たちがもともと島にいたのか、彼らも色々な世界から来たのだろうかという点が気になりました。

 

エンディングですが、タイトルに「エンド」とあるように「終わり」がテーマで、どんなに楽しいゲームにもクリアという終わりがあり、終わらせるのも自分自身ということでしょうか。moonとやや似ている点もあります。

最近はソシャゲを中心に終わりのないようなゲームも増えている中考えさせられる内容かと思います。まあそういったゲームがダメとも思いませんが、対戦ゲームとかも面白いですけど熱中するとなかなかやめ時がつかめない時があるので気を付けないと、と思いました(笑)。

 

ゲームの評価

★★★★☆

良い点

独自のゲーム性で世界観にハマれたらとても楽しめる内容。キャラクターも個性的で魅力がある。

 

マイナス点

悪い意味で難易度が高い。3つのゲージを管理しなければならず、アイテムで回復できるものもあるが、ねむけだけはベッドでしか回復できず、最大値も増えないので行動制限が厳しい。気長に観察して攻略するゲーム性とマッチしない。

また、ミニゲームも難しいものが多い。このようなゲームはアクションゲームが苦手な人でも楽しめるように作られていると思ったのだが、必要以上に難しいものがあり、苦手な人は挫折してしまうのではないかと思った。神様を全て解放=全クリしないとエンディングに行けないので避けることもできない。

ミニゲームの一つのサソリレースでリスタートできる点は良いのだが、1分近いルール説明をリスタートの度に聞かなくてはならない。今のゲームだったらありえない。

セーブがベットに寝ると強制で、ロードもできないのでやり直すのにゲームオーバーにならないといけない。もう少しデータ管理がしやすいと良かった。

 

総評

不満点はあるものの総合的には楽しめたのでプレイして損はないと言えます。

ただラブデリック系に言えることですが向き不向きがはっきり分かれるだろうなとも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンドネシアプレイ日記7

見つけた神様が48になり残り2。もうクリア一歩手前だがその前にメモ。

 

とりあえずマップは全部広げた。すると地図の神様解放。

最後のマップは山の頂上のようなところで奥に続く道は大神様と思われる石像で塞がれている。

f:id:sp2016pok:20170604234925j:image

あとそこにはサイバダッタという人がいた。サイババ

苦行をするアイテムを持ってこいというので渡して苦行をクリアすると最後に身投げしてなんと神様になった。人間が神様になるパターンもあるのか、、、レントゲンの神様とかまんまだったけど。

 

20神様解放したところから10解放するごとに起きるとベッドの上に女の子が座って何か言葉を残して消えるというイベントが起こる。ちなみに太鼓の神様?のイベントでこの女の子がギルルだとわかった。

40神様の時点で主人公がギルルのおムコさんになるために呼ばれたということが判明。ヤグラのおじさんがよろしく頼むと言っていたのはこのことだったらしい、お父さんなのかな?

 

前回未攻略だったところ

ぼのぼの・・・ずっと見ていたらなんと遠くから飛んできたゴルフボールが頭にヒット。

これで気絶していたのか、拾ってゴルフボールをゲット。そのあと浜辺のおじさんがゴルフの練習をしようとするがボールが無く、代わりに亀の卵を打とうとする(⁉︎)のでボールを渡すと亀の神様解放。サーヤの独り言で今日は亀の産卵を見ましたといっていることがあったのでタイミングが合えば浜辺に亀がくるのかも。

 

砂組・・・服を入手した後上の方に進むと砂組の集落らしきものを発見。砂漠の薔薇と槍を交換して儀式的なものをクリアすると砂組の神様解放。moonのカクンテ的な扱いなのかな、ちょっとカワイイ。

f:id:sp2016pok:20170605000038j:image

f:id:sp2016pok:20170605001338j:image

 

 

ジェシーがバーでヤケ酒している日があったがもう一度いって近寄るとエモが使えた。このゲーム。微妙にエモが届く範囲が狭くて見落とすことが多い。サビシイ、カナシイなどを使っていくと、なんと王子のバカーっと言ってモレイラに気があった模様。インタビューの時にモレイラの故郷に許嫁がいてその人が好きだということを聞いたからかな?しかしモレイラはサーヤに惚れてしまったようだけど、、失恋の神様解放。

 

 

 

地雷原抜けた時にランスが倒れていたので二週めで待ち伏せしていると剣で挑んで射殺されてしまった。やり直してコワイを使うと考え直す。墓地まで移動して野営。俺は腰抜けだと悩んでいるところに後ろの石像が馬に倒れかかりランスが剣で石像を斬って「ケンタウロス♀」解放。ここではランスと馬にも神様が見えていた。そういう主人公以外にも見えることがあるのね。

f:id:sp2016pok:20170605001126j:image

f:id:sp2016pok:20170605001134j:image

f:id:sp2016pok:20170605001413j:image

 

その後神様の力?でランスと馬が一時的に会話可能に。友人が魔物を挑み、戻ってきたのが馬だったので友人が馬にされてしまったと勘違いしたらしい。友人は亡くなってしまったが、今度は友人の仇討ちに魔物を倒すという生きる目標を得て馬と一緒に旅立っていきました。

 

おまけ

格闘の神様

f:id:sp2016pok:20170605001754j:image

なんかいろいろ混ざってて笑いました。

 

おそらく次でラスト。